ページトップへ戻る

英会話コラムCOLUMN

HOME > 英会話コラム > 「YES & NO」

第3回 「YES & NO」

英会話をまじめに勉強する根性はないけれどちょっとしたコツで上達したい!という方のためのコーナー第三回目は、誰でも知っているYESとNOについて考えてみましょう。

YesとNoは、単なるハイとイイエだけではなく、言い方次第でいろいろな意味を伝えることができます。語尾を上げるようにYes.と言えば、「それで?」という意味になりますし、何かがうまくいったときに勢い良く言えば「やった!」になります。
Noも感情の込め方次第で「ひどいなぁ」「まさか」「そんなわけないでしょう」などの意味を持たせることができて便利です。

私の友人はあまり英語が得意ではないのですがYesとNoのバリエーションにかけては天下一品で、海外からの客人と話をしなければならないときにはYesと表情筋を駆使して喜怒哀楽を見事に表現し、ちゃんと会話を盛り上げています。

YesとNoにおいて日本人が気をつけなくてはいけないのは、Don't you know it?(知らないの?)のように「~じゃないの?」と聞かれたときの返事です。知らないと答える場合、日本語だと「はい、知りません」と言いますが、英語ではNo,I don't.となります。

これは、日本語が相手の疑問の形によって肯定や否定をする(「知ってる?」「ううん、知らない」、「知らない?」「うん、知らない」)のに対して、英語は答となる事実そのものによってYesとNoを使い分けるからです。
つまり、質問がDo you…?でもDon't you…?でも、「知らない」なら答は同じ、Noになります。同じく、知っている場合の答はどちらもYesです。
以下、どれも「中国人ではない」という意味の答えです。英語のNoが日本語では「はい」に相当する例に注意しましょう。

Are you Chinese? No.(あなたは中国人ですか?いいえ。)
Aren't you Chinese? No.(あなたは中国人じゃありませんか?いいえ。)
You are not Chinese, are you? No.(あなたは中国人じゃないですよね。はい。)

それでは、一緒に会話してみましょう。

  • Don't you like sushi?
  • Yes. I love sushi.
  • Oh, no!
  • Yes. Don't you?
  • Actually, I've never tried.
  • Oh, you should. You'll love it.
  • 君、おすしが好きなんじゃない?
  • ええ。大好きよ。
  • なんてこった!
  • 好きよ。あなたは嫌いなの?
  • 実は、食べたことがないんだ。
  • 食べてみるべきよ。すごく気に入るわ。
次回は、I'm sorry.とExcuse me.についてお話します。お楽しみに。

Previous Post Next Post

お知らせTOPICS

英会話コラムCOLUMN

セミナーのご相談はこちらから
多岐川恵理

企画段階でも大丈夫です。
お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせフォーム

Copyright © 2016 Transmedia Solutions, Inc All Rights Reserved.