ページトップへ戻る

英会話コラムCOLUMN

HOME > 英会話コラム > 「PLEASE」

第1回 「PLEASE」

What would you like? 何になさいますか?
Coffee,please. コーヒーをください。

英語なんてサッパリ。海外へ行くたびにドキドキ。「英語を公用語に?社長、気は確かか!」と叫びたい。真面目に勉強しようなんて根気もないし、実際に使うところだけでいい、できるだけ簡単にレベルアップしたい!という欲張りな英会話初心者の皆様のために、使える英語のコツを伝授するこのコーナー、第一回は「~をください」です。

英語で「~をください」と言うときには、欲しいものの後にpleaseをつける。非常に簡単。分かってるって?はい、そうですよね。でも、分かっていても、ついはまってしまう落とし穴があるのです。 レストランで注文するとき、日本人はよく「僕、コーヒー」などと言います。これを英語で「I'm coffee.」とやってしまうのは、皆さんもご存知の大間違い。「Mr.Coffee!」と呼ばれてしまいます。

しかし、実際、とても多いのが、ウェイターに向かって一言「Coffee.」と言う日本人。一見(一聴?)どこも間違ってはいません。が、気をつけて。 Coffee, please. と必ずpleaseをつけましょう。
でないと、「コーヒー出せ」と命令しているのと同じ。すごく横柄な奴だと思われてしまうのです。(a cup of(=一杯の)をつけると非常に丁寧ですが、頑張って言う必要はありません)

アメリカで、あるアルバイト学生が「日本人の客は失礼で嫌だ」とこぼしているのを聞いたことがあります。日本語では一般的な言い方なのだとは、彼らは知る由もありません。悲しい誤解です。 pleaseは相手に何かお願いするときの万能選手。マスターすれば、貴方の好感度も一気にアップ!ですよ。

(A glass of)water, please. 水をください。
Menu, please. メニューをください。
Two tickets, please. チケットを二枚ください。

それでは、一緒に会話をしてみませんか?

  • Nice place.
  • Oh, thank you. What would you like?
  • Coffee, please. Well, something smells good, doesn’t it?
  • We have some home-made cake.
  • Wow! I’ll try that. I skipped lunch today.
  • すてきなお店ですね。
  • 有難うございます。なんになさいます?
  • コーヒー下さい。ところでいい匂いがしますね。
  • 自家製のケーキがあるんですよ。
  • わあ!ケーキもください。昼食ぬきなんです。
次回は、ちょっと丁寧な表現wouldの使い方を御紹介します。お楽しみに。

Previous Post Next Post

お知らせTOPICS

英会話コラムCOLUMN

セミナーのご相談はこちらから
多岐川恵理

企画段階でも大丈夫です。
お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせフォーム

Copyright © 2016 Transmedia Solutions, Inc All Rights Reserved.