ページトップへ戻る

英会話コラムCOLUMN

HOME > 英会話コラム

第11回 「THANK YOU. 日本人がTHANK YOU. と言いづらい場面」

ちょっとしたコツであなたの英会話をレベルアップする当コーナー、今回は、日本語だと「すみません」なのに英語だとThank you.を使ったり、Thank you.と言うべきところで日本人がなかなかそう言えなかったりする場面についてお話しましょう。 まず、「すみません」がThank you.になる場合。何かをしてもらったとき、日本人は「相手に面倒をかけた」という気持ちから、つい「すみません」と...

続きを読む

第10回 「THANK YOU. ~をありがとう」

知っていれば何かと役立つ英会話のコツを伝授するこのコーナー、「ありがとう」「どういたしまして」をマスターしたところで、今回は「~をありがとう」の言い方を学びましょう。 「ありがとう」と言えるようになったら、今度は「~をありがとう」と言えたらいいですよね。プレゼントをありがとう、心遣いをありがとう、等々。これらを英語にするのは一見複雑そうですが、実はたった一つのルールに基づいているのでとても...

続きを読む

第9回 「THANK YOU. どういたしましてのいろいろ」

英会話のちょっとしたコツを身につけるための当講座、今回は「どういたしまして」の言い方を学びましょう。 学生時代の英語の授業を思い出すと、Thank you.は習ったけれど「どういたしまして」については記憶がありません。 私が使った中学英語の教科書は確か、何かしてもらってありがとうと言う、というところで会話が完結していました。そこから先の会話を想像するほどお利口でもなかった私は、なんと短大...

続きを読む

第8回 「THANK YOU. ありがとうのレベル」

ちょっとした英会話のコツを伝授するこのコーナー、ここからはThank you.をテーマにします。 これまでにお話ししたI'm sorry.と並び、人間関係において大切な役割をするのがThank you.。今週は、「どうも」から「本当にどうもありがとう」まで、いろいろな段階のThank you.を学びます。 先日、夜の六本木を歩いていたときのこと。私の目の前を歩いていた会社員風の男性が、道...

続きを読む

第7回 「SORRYとは心が痛むこと」

「ラクして英語をレベルアップしたい」という方、ようこそおいでくださいました。 第4~6回は「ごめんなさい」と言うときに使うsorryについてお話ししましたが、今回はそれ以外の場面で使われるsorryについて学びましょう。 sorryという言葉は、古期英語で「(心が)痛い」という意味を持っていました。そこから派生して「申し訳ない、すまない」という気持ちを表すようになり、I'msorry.は...

続きを読む

第6回 「I’M SORRY. と言われたら」

英会話が苦手な人が簡単にレベルアップするためのこのコーナー、今はsorryをテーマに進めています。前回は「~してごめんなさい」の簡単な言い方をお話しましたね。さて今回は、I'm sorry.と言われたらどう返事をすればいいのか学びましょう。 日本では、「ごめんね」と言われたときに「ううん」と首を振って返事をするのは珍しいことではありません。しかし、I'm sorry.への返事をNo.だけで...

続きを読む

第5回 「I’M SORRY… ~してごめんなさい」

ちょっとで差がつく英語フレーズをご紹介するこのコーナー、今回は謝罪の基本フレーズ Sorry.の使い方についてお話しします。 例えば、約束の時間に遅れた場合。「ごめんなさい」の後に「時間に遅れている」と、何についてあやまりたいのか続けます。「私は時間に遅れている」はI am late.ですから、I'm sorryの後に続けて、こう言いましょう。 I'm sorry I'm late....

続きを読む

第4回 「EXCUSE ME. と I’M SORRY. の違い」

英会話初心者のうちは、ちょっとしたことで会話力に大きく差がつきます。そのためのコツをお教えするこのコーナー第四回目は、日本人にとっては使い分けがしにくいI'm sorry.とExcuse me.についてお話します。 「すみません」は日本人がとてもよく使う言葉です。知らない人に呼びかけるとき、誰かに何かをたずねるとき、謝るとき。こんなときに、英語ではなんと言ったらいいのでしょうか。 「...

続きを読む

第3回 「YES & NO」

英会話をまじめに勉強する根性はないけれどちょっとしたコツで上達したい!という方のためのコーナー第三回目は、誰でも知っているYESとNOについて考えてみましょう。 YesとNoは、単なるハイとイイエだけではなく、言い方次第でいろいろな意味を伝えることができます。語尾を上げるようにYes.と言えば、「それで?」という意味になりますし、何かがうまくいったときに勢い良く言えば「やった!」になります...

続きを読む

第2回 「WOULD LIKE」

英会話初心者のためのちょっとしたコツを伝授するこのコーナー、第一回の「please」にひき続き、第二回もお願いの英語「would like」をレッスンします。 何かが欲しい、何かをしたい、そんなときに使うのがwould like。学校英語で馴染みの「I want...」は、実のところちょっと幼い感じがします。wantという単語は「欲しい!」という強烈なイメージを持っていて、ところ構わず使う...

続きを読む

お知らせTOPICS

英会話コラムCOLUMN

セミナーのご相談はこちらから
多岐川恵理

企画段階でも大丈夫です。
お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせフォーム

Copyright © 2016 Transmedia Solutions, Inc All Rights Reserved.